10.5インチ 新型iPad ProではOfficeアプリが有料に。編集作業にはOffice 365の契約が必要。




img_0051

10.5インチの新型iPad Proは、12.9インチの初代iPad Pro同様、Officeアプリが有料になります。

Microsoftは、利用端末の画面サイズでOfficeが有料になるか無料になるかの判定を行なっており、その基準は10.1インチ。

10.1インチ以下のPCやタブレット端末ではOfficeアプリを使う際、無料で「文書の作成や編集」を行うことができる一方で、10.1インチを超えるサイズの端末では、Office 365を契約していないと編集作業を行うことはできません。

10.5インチの新型iPad ProでもOfficeアプリ自体は無料でインストールでき、ファイルの閲覧や印刷は行うことができますが、編集作業にはOffice 365の契約が必要になります。

従来の9.7インチモデルでは画面サイズによる制約に引っかからず編集作業も無料で行えていたため、10.5インチのiPad Pro購入時は勘違いしてしまいがち。

iPadでOfficeアプリを利用しているユーザーは購入時に注意が必要です。




ABOUTこの記事をかいた人

25歳のケータイオタクです。 普段はケータイ屋さんで働いています。 街中で衝動買いした商品のレビューやガジェットに関するニュースなどを配信しています。