旅のお供に最適! 一台二役のモバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」




モバイルバッテリーとACアダプタが一つになった「Anker PowerCore Fusion 5000」を購入したのでレビューをお送りします。

開封

製品はAnkerお馴染みのパッケージに梱包されています。

開封すると左側に「Anker PowerCore Fusion 5000」、右側の箱にはmicroUSBケーブルとポーチが収納されています。

一台でACアダプタとモバイルバッテリーの二役

「Anker PowerCore Fusion 5000」側面には2つのUSB-Aポート備えられており、二台の端末を同時に充電可能

この2つのUSBポートはAnkerの独自技術である「PowerIQ」と「VoltageBoost」に対応しており、端末を急速充電する事が出来ます。

ここまでは普通のモバイルバッテリーと大差ありませんが、「Anker PowerCore Fusion 5000」の最大の特徴は「折りたたみ式のプラグ」を搭載している事。

モバイルバッテリーは必ずしも毎日使うわけではないため、たまに行うバッテリー自体の充電が煩わしかったりしますが、折りたたみ式のプラグを搭載しているため、「Anker PowerCore Fusion 5000」は直接コンセントに差し込んで充電が出来ます

また、コンセントに接続した際は「Anker PowerCore Fusion 5000」自体をACアダプタとして利用する事が出来るため、急な外泊の際や、旅行の際などにACアダプタを別で用意する必要がなくなります。

大容量では無いがそれを補える使い勝手の良さ

「Anker PowerCore Fusion 5000」のバッテリー容量は5,000mAhとそれほど大容量ではありません。

外出時にこれで足りるのか不安に思っていましたが、iPhone 7が2回ほど充電できる為ちょっとした外出時には十分な容量を備えています

容量を抑えてコンパクトさを実現した事により、立ち寄ったカフェでACアダプタとして利用したり、充電しながら帰宅した場合はそのままコンセントにつなぐ事でバッテリーとスマホを一気に充電できたりとかなり小回りが利く製品となっています。

下手に容量を大きくしてサイズをデカくするのではなく、容量を割り切ってコンパクトさを実現する事でかなり使い勝手が良くなっているため、Ankerは絶妙なバランスを攻めているなと感じました。

発売直後は人気のため品薄が続いていましたが今は在庫も落ち着いているので、ACアダプタを普段持ち歩いてる人は是非購入をお勧めします。




ABOUTこの記事をかいた人

25歳のケータイオタクです。 普段はケータイ屋さんで働いています。 街中で衝動買いした商品のレビューやガジェットに関するニュースなどを配信しています。