手元の小さなiPhone 「AppleWatch Series 3 GPS + Cellularモデル」を購入




最近、仕事から帰宅すると嫁と一緒に30分~1時間ほどのウォーキングやランニングに出かけるのが日課になっています。

その際、仕事の連絡を見落としては困りますし、コンビニに立ち寄って飲み物を買ったりする事もあるので、Apple Payを設定したiPhoneだけを持って出かけています。

しかしながら、ポケットに大きなiPhoneを入れてランニングするのは正直言って邪魔ですし、ランニング中には「ポケットから飛び出し破損させてしまうのでは?」という不安が頭をよぎります。

一時は「おサイフケータイ対応のガラケーを購入」することも考えましたが、そんな時にふと頭をよぎったのが「AppleWatch Series 3 GPS + Cellularモデル」。

現状、初代のApple Watchを愛用しており通知の確認にしか使っていないため不満はないのですが、最新のセルラーモデルであればiPhoneを持って行かなくても「電話の発着信やメールの確認、Apple Payが利用できる」ため、早速購入してきました。

開封

今回購入したのは、『Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)- 42mmステンレススチールケースとソフトホワイトスポーツバンド』

箱には「SERIES 3」と赤色で印字されています。

「GPS + Cellularモデル」の証である赤いデジタルクラウンが目を引きます。

ACアダプタと充電用のケーブル、腕周りが細い人用の換えのバンドが同梱。

心拍数センサー周辺には「SERIES 3」の刻印がなされています。

これまで愛用していた初代のモデルと比べてみと、かなり厚みは増していますが装着時に違和感はありません。

早速「ワンナンバーサービス」を申し込む

せっかくセルラーモデルを購入したので、早速Apple Watchで回線契約を行います。

私はドコモSIMを挿入したiPhoneとペアリングを行いましたが、Apple Watchの初期設定中に「モバイル通信の設定」というボタンが表示されるので、そこをタップすればドコモオンライン手続きのWebページへと飛ばされます。

あとは暗証番号を入力し画面の指示に沿って進んでいけばものの数分で手続きが完了します。

アクティベード後に試しにiPhoneを機内モードにしてみましたが、Apple Watchはちゃんとモバイルネットワークへと切り替わりました。


初期設定や「ワンナンバーサービス」の契約が完了したので、早速iPhoneを自宅においたまま、新しいApple Watchを身につけウォーキングに出かけてきましたが、iPhoneが手元になくてもLINEやメールの通知が手元に転送されてきますし、立ち寄ったコンビニではApple Payでの決済も問題なく行うことができました。

取り敢えず数時間いじり倒してみましたが、Apple Watch単体で「電話の発着信」や「Apple Musicのストリーミング再生」、「メールや各通知の確認」を行ったり「Siri」の利用までできるため『まるで小さなiPhone』を手にしたような感覚です。

これまでのApple Watchは通知を確認するだけの存在になっていましたが、近場であれば『Apple Watchだけを持っての外出』が実現できそうでとてもワクワクしています。

ちょっとした外出に新鮮さやワクワクを与えてくれる、手元の『小さなiPhone』が日常生活をどのように変えてくれるのか、しばらく愛用してみて改めて感想を記事にしていきたいと思います。

これまでにない手軽さを。「AirPods」 レビュー

2017.06.05




ABOUTこの記事をかいた人

25歳のケータイオタクです。 普段はケータイ屋さんで働いています。 街中で衝動買いした商品のレビューやガジェットに関するニュースなどを配信しています。