僕が「BlackBerry KEYone」を購入してしまいそうな4つの理由




私は主に外出先でブログを更新することが多く、最近はもっぱらiPad Proで執筆を行なっていますが、昨日発売された「BlackBerry KEYone」がすごく気になっています。

スマホでブログの下書きを書く際に物理キーボードが使える

img_4132

気になっている最大の理由はBlackBerry KEYoneに搭載されている物理QWERTYキーボード

仕事の休憩中や、ちょっとした時間に記事のネタを思いついた時は、iPhoneなどでさっと下書きを書いたりすることがあるのですが、KEYoneならその下書きも物理キーボードで行うことができます。

FlickFanというアプリで計測してみた所「分速232文字」と、私はフリック入力の速度が比較的速い方なので、速度的には物理キーボードである必要はないのですが、フリックで長文を打つのは辛い場面も多く、やはり物理キーボードは魅力的に感じます。

Privでの不満は改善されていそう

実は以前BlackBerry Privを使っていたのですが、物理キーボードには満足していたものの、発熱とそれに伴う動作の引っ掛かり、電池持ちの悪さが気になったためすぐに手放してしまった経験があります。

BlackBerry KEYoneではCPUにSnapdragon 625を採用しており、発熱はPrivと比べ少なそうであること、またネットで海外モデルのレビューを見ている限りは電池持ちも良さそうなので、KEYoneであればPrivに感じたストレスはかなり改善されそうだなと感じました。

価格が安い

実は、BlackBerry KEYoneは海外で発売が開始された時点でかなり気になってはいました。

しかしexpansysでの販売価格が約8万円とかなり高く、直近でXPERIA XZsやGalaxy S8+などを購入し散財していたこともあり見送っていました。

今回日本国内で販売されるモデルは、定価69,800円と輸入するより比較的安くこの「価格」も購入を前向きに考える理由の一つとなっています。

在庫が確保できた

BlackBerry KEYoneはビックカメラなどの家電量販店でも販売されているため、店頭でデモ機を見てから購入を考えようと思っていました。

しかし、FOXの公式ページでは既に初回入荷分が完売。

ビックカメラオンラインでも入荷未定となっており、「当分手に入りそうにないな、、、」と思っていた所、SNS上でビックカメラ店頭に在庫があることを知りました。

早速店舗に電話してみた所、本当に店頭には在庫がある模様で取置きもしていただくことができました。


この記事の冒頭で「BlackBerry KEYoneが気になっている」と書きましたが、思いも寄らぬ形で在庫が確保できてしまったため、明日の仕事帰りにビックカメラにて購入してくる予定です。

BlackBerry KEYoneの購入を考えている人は一度家電量販店に在庫がないか覗きに行ってみることをお勧めします。

購入しました。↓

物理キーボードがカッコいい! BlackBerry KEYone レビュー

2017.07.02