申し込みが殺到し「CASH」がサービスを停止 再開は未定




昨晩、資金がしっかりと回収できるのかという意味合いで、「サービスがちゃんと運営できるのか?」という記事を書きました。

スマホの中の質屋「CASH」はきちんと運営できるのか

2017.06.29

「CASH」は資金回収とは違った問題で今朝未明、開始から16時間34分をもってサービスを一時停止しています。

92c5e9d1-4516-4771-af58-24affd984760

「CASH」はこの約16時間のサービス利用状況を公開しており、サービス開始後16時間34分でキャッシュ化された品物は72,796点、金額にして約3.6億円が払い出されたとしています。

「キャッシュを返さない」(現金による返済ではなく、品物の送付)と選択されたアイテム数も7,512個と公表されています。
CASHは4人で運営されているサービスで、一日にこれだけの数の品物が送付されてくると、その品を捌くのもかなり骨が折れるでしょう。

返済期限までに200億円以上が払い出される見込み

このペースだと最初の返済期限を迎える2ヶ月後までに約200億円の払い出しが必要で、送付される品物の数は45万個に及びます。

今後android向けのアプリがリリースされたり、サービス自体が話題になることで利用者は更に増えるでしょうし今のままではサービス継続はすでに不可能と思われます。

今後どの様にサービスが継続運営されるかは全く未定です。

CASH