iPad Proで紙のような描き心地を。 ELECOM 「ペーパーライクフィルム」を貼ってみた




ELECOMのペーパーライクフィルムは表面がザラザラした摩擦の高い画面保護フィルム。

表面特殊加工により「紙に近い描き心地」を実現しています。

私はiPad Proで絵を描くことは滅多にないのですが、プライベートでブログのアイディアが浮かんだ際や、会社のミーティング中などメモを取る機会は度々あります。

最近はそういったメモもiPad ProとApple Pencilで取っているのですがiPadの画面は抵抗が少なくツルツルしているものに書いている感覚が気になったのがこのフィルムの購入理由。

パッケージに記載されている「素材別筆記時の抵抗値比較」を見る限りでは紙に鉛筆で書く際の抵抗がかなり再現されている模様。

フィルムはアンチグレア仕様

さっそく貼り付けてみました。

フィルムは反射防止(アンチグレア)加工がなされており指紋が目立ちにくく、他の反射防止タイプのフィルムよりかなりザラザラとした質感。

フィルムはiPad Pro 10.5インチモデル用のものを購入したはずですがなぜか一回り小さめになっています。

摩擦が増え描き心地は向上

実際にフィルムを貼り付けた状態で「Nebo」に書き込んでみましたがペン先がツルツルと滑ってしまうことがなくなり確実に描き心地は向上しています。


iOS 11ではロック画面から直接メモを取れるようになる機能が追加される予定でApple Pencilの利用頻度がさらに増えそうなので描き心地が向上しとても満足しています。

反射防止タイプのフィルムなので画面の鮮やかさは落ちますが、指紋が目立ちにくくなり描き心地はかなり向上するので、iPadで絵を描いたりメモを取ったりする人にはかなりオススメです。