【初期設定】Galaxy S8/S8+を購入したら確認しておきたい設定項目




image

いよいよ明日Galaxy S8/S8+が発売します。

私は一ヶ月ほど前に海外モデルのS8を購入しているため、Galaxy S8を購入したら最初に確認しておきたい設定項目をまとめておきます。

画面解像度の変更

image

Galaxy S8の画面解像度はWQHD+(2960×1440)と非常に高精細ですが、初期設定ではFHD+(2220×1080)に設定されています。

せっかくの高精細ディスプレイなので設定でその性能を最大限に活かしましょう。

設定→ディスプレイ→画面の解像度→WQHD+

虹彩、顔認証の設定

image
Galaxy S8は画面ロックの方法に指紋認証、顔認証、虹彩認証を選択できますが、指紋センサーが本体背面の上部に移動したことで使い勝手が悪くなっています。

しかし顔認証や虹彩認証を設定しておけば画面を見るだけで簡単にロック解除を行えるためこちらを設定しておいた方が便利です。

顔認証の方が虹彩認証よりもロック解除スピードは早い印象ですが、夜間の屋外などの暗闇ではロック解除を行うことが出来ないため、夜間の利用も考えると虹彩認証の方が利用できるシーンは多いかと思います。

設定→ロック画面とセキュリティ→顔認証 or 虹彩スキャナー

ナビゲーションバーの設定

image
Galaxy S8から物理ボタンが撤廃され、ナビゲーションバーが画面内に表示されるようになっています。

そのためボタンのレイアウトや、ナビゲーションバーの色などが変更できるようになっています。

これまでGalaxyシリーズ以外を使っていた人は「戻る」と「履歴」のボタンの配置を逆にした方が使いやすい場合もあるため、必要に応じて設定を変更しましょう。

設定→ディスプレイ→ナビゲーションバー

アプリの全画面表示設定

image
Galaxy S8は「18.5 : 9」という、特殊な画面比率のディスプレイを採用しているため、この比率に非対応のアプリでは画面の上下に黒い帯が入ります。

インフィニティディスプレイを生かすために、非対応アプリでも個別に設定することで画面を引き延ばし全画面表示にすることが出来ます。

アプリによっては全画面化することで不具合が出る場合もあるので様子を見ながら設定を変更しましょう。

設定→ディスプレイ→全画面アプリ

カメラのクイック起動設定

image

Galaxy S7シリーズまではホームボタンを素早く2回押すことでカメラを起動することが出来ましたが、S8ではホームボタンが物理ボタンではなくなったため、その機能が電源キーに割り振られています。

設定しておくことで、どの画面からも素早くカメラを起動できるようになるためシャッターチャンスを逃さないためにも設定を確認しておきましょう。

設定→高度な設定→カメラをクイック起動

S8から物理ホームボタンが撤廃され、ディスプレイ比率が変わったため、それに関する項目ばかりのご紹介になっています。

他にも色々確認したい設定はありますが、全く新しいデザインの端末を使いこなすためにもこれらの項目はきっちり確認しておく事をお勧めします。

さすが純正! Galaxy S8+にサムスン純正フィルムを貼ってみた。

2017.07.15

Galaxy S8+純正カバー 「CLEAR VIEW STANDING COVER」レビュー

2017.06.08