圧倒的な進化を。 AppleがiOS 11を発表。




img_3913
AppleはWWDCでiOS 11を今年の秋頃リリースすると発表しました。
主な追加機能や変更点をご紹介します。

ファイルアプリケーション

img_3914

iOS 11ではファイルアプリケーションをプリインストール。
androidデバイスのように、簡単にファイルをチェックしたり、検索したり、整理することが可能になります。

ファイルアプリケーションからはiPad上にあるファイルだけでなく、アプリケーション内や、ほかのiOSデバイス上、iCloud Driveの中、Dropboxなど他社のサービスに保存したファイルにもアクセスが可能。

iPadにはDockを搭載

img_3915

iPadには新たにDockが追加されます。
どの画面からでもアクセスでき、スワイプするだけでアプリケーションを瞬時に切り替えることが可能に。

DockはMacのものと同様、作業に合わせて表示内容が変化する模様。
最近開いたアプリケーションや、iPhoneやMac上で最後に使っていたアプリケーションなどが右側に表示されるため、Hands offを使ったデバイス間の行き来もしやすくなります。

マルチタスクの強化

img_3916

iOS 11からは新たに追加されるDockから2つ目のアプリケーションを開く事が可能に。

またドラッグ&ドロップにも対応。
テキストや写真、ファイルなどをアプリケーション間で移動できるようになります。

Apple Pencilの機能強化

img_3917

Apple Pencilの機能もかなり強化されます。

Apple Pencilでスクリーンにタッチするだけで、PDFやスクリーンショットにすぐに書き込む事が可能になります。

img_3918

またインスタントメモという機能も追加。
Apple Pencilでロック画面をタップするだけで、すぐにメモを取ることが可能になります。

カメラ機能の強化

img_3919

iOSでもようやく長時間露光が可能に。

車のテールランプを軌跡にして撮影したり、今までは撮影できなかった写真が撮影できるようになります。

img_3920

他に、フィルタ機能の強化やファイルの圧縮技術も向上しています。

メッセージアプリを利用したApple Pay送金

image

iOS 11ではメッセージアプリにLINE Payのような送金機能が追加。

Touch IDで認証するだけで、相手に素早く送金が可能になり、iPhone一つで飲み会の割り勘も非常にスマートに行えるようになります。

App StoreがミュージックアプリのようなUIに

img_3921

App StoreのUIが変更されます。
これに関しては賛否が分かれそうです。

コントロールセンターを刷新

img_3922

コントロールセンターのレイアウトも刷新されます。
これまでと比べ沢山のボタンが詰め込まれており、ややゴチャゴチャした印象に。

こちらに関しても賛否が分かれそう。


iOS 11では記事で紹介した他にも細かな機能追加や修正が加えられています。

iPad向けの機能追加や修正が多く、iPadの使い勝手がかなりMacに近づいた印象です。

iOS11はiPhone 5s以降のiPhoneとiPad mini2,iPad(第5世代)以降のiPad、iPod touch(第6世代)向けに秋頃にリリース予定です。




ABOUTこの記事をかいた人

25歳のケータイオタクです。 普段はケータイ屋さんで働いています。 街中で衝動買いした商品のレビューやガジェットに関するニュースなどを配信しています。