マウスなんて必要ない! キーボードショートカットのみでiPadを操作する方法




iPad Proでの執筆作業用にSmart Keyboard を購入しましたが、iPadではマウスを利用することができないため、キーボードを用意しても、作業開始時には画面に手を伸ばして操作する必要があり、androidタブレットやPCに比べ操作性や作業効率が落ちてしまいます。

しかしiPadにはMac同様様々なキーボードショートカットが用意されており、それらを駆使することでキーボードを使って快適に作業を行うことができるので、今回はよく使うキーボードショートカットをご紹介します。

⌘キーで利用できるショートカットを確認可能

利用できるキーボードショートカットはアプリごとに異なったりするため慣れるまで覚えるのはなかなか大変です。

しかし「⌘(command)」キーを長押しすれば、いま利用できるキーボードショートカットをホップアップで表示することが可能。

今後の作業効率のためにも、画面を操作したくなったら ⌘(command)キー を長押ししキーボードショートカットで操作する癖をつけることをお勧めします。

アプリの起動や切り替え

どの画面からでも「 ⌘(command)+スペースキー」を入力することでSpotlight検索を起動することが可能。

検索窓にアプリ名を入力しカーソルキーで選択することでそのアプリを起動することができるため画面を全く触ることなくアプリの起動が可能です。

Spotlight検索ではそのままネット検索やメールの検索なども行えるためこのショートカットを覚えるだけでかなり作業効率が上がります。

また「⌘キーを押したままTabキーを操作」するで最近使ったアプリを選択し起動したりホームに戻ることも可能。

私はブログの執筆中に「⌘+Tabキー」の操作でUlyssesと画像編集アプリを行き来しながら作業しています。

執筆中に使う定番ショートカット

「⌘+A」 すべてを選択
「Shift+カーソルキー」 テキスト選択
「⌘+X」 カット
「⌘+C」 コピー
「⌘+V」 ペースト
「⌘+B」 太字にする
「⌘+I 」 斜体にする

上記は執筆中など、文章入力の際に使えるショートカットです。

作業効率は格段に向上

今回、私が個人的によく使うキーボードショートカットをご紹介しましたが、他にもSafariでは 「 ⌘+[ 」で進む、「 ⌘+] 」で戻る の操作が行えたり、慣れてしまえばマウスなしでもかなり快適に一通りの作業が可能になります。

キーボードショートカットを駆使することで作業効率は格段に向上するため、重たいPCの持ち歩きをやめ、出先での作業環境をiPadに一本化しようと考えているユーザーはキーボードショートカットでの操作を意識してみることをお勧めします。




ABOUTこの記事をかいた人

25歳のケータイオタクです。 普段はケータイ屋さんで働いています。 街中で衝動買いした商品のレビューやガジェットに関するニュースなどを配信しています。