iOS11を搭載したパワフルな10.5インチ iPad Proを発表




img_3900-1

2017年6月6日、Appleは、まったく新しい10.5インチiPad Proを発表しました。

新しい10.5インチモデルでは、ベゼルの幅が約40パーセント狭くなり、469グラムのコンパクトな筐体に。

この秋に登場するiOS 11のパワフルな新機能と組み合わせることで、iPad Proを使って生産性と創造性をさらに高めることができます。

ProMotionテクノロジーを活用した、最も先進的なディスプレイ

img_3903

iPad ProのRetinaディスプレイには、最大で120Hzのリフレッシュレートが得られる、新しいProMotionテクノロジーが採用。

これにより、スクロールがさらに滑らかになり、これまで以上にスムーズに動画コンテンツやゲームを楽しむことができます。
ディスプレイのリフレッシュレートはコンテンツの動きに合わせて自動調整され、消費電力も抑えられる模様です。

iPad史上もっとも明るいディスプレイを搭載し、反射防止のコーティングもなされた事で屋内外でのコンテンツの視認性も高められています。

スピーカーもこれまで同様4つ搭載され、どの方向で持っても、パワフルかつクリアで豊かなステレオサウンドが得られるため動画視聴に最適です。

img_3904

Apple Pencilの反応も向上しこれまで以上に滑らかに描画が可能になっています。

A10X Fusionチップによる、画期的なパフォーマンス

img_3905

6コアの「A10X Fusion」チップど12コアのGPU新たに採用。

「A9X」チップと比べ、CPUのパフォーマンスが最大30パーセント、グラフィックスのパフォーマンスが最大40パーセント高速になりました。

写真や4Kビデオの編集、3D画像のレンダリング、ゲームプレイなどの複雑なタスクも難なくこなすことが出来る性能を備えています。

img_3907

iPhone 7と同様、12メガピクセルの光学式手ぶれ補正機能付きの先進的なカメラシステムも搭載。
iPad一つで撮影から編集までこなす事が出来、CPUの性能向上をより生かす事が出来ます。

iOS 11がiPadにパワフルな機能を追加

iOS 11では、新しいファイルアプリケーションや、テキスト、写真、ファイルのアプリケーション間でのドラッグ&ドロップなど、パワフルな新機能が追加されます。

Apple Pencilとの連携もより密接になり、書類に署名したり、PDFに注釈を加えたり、スクリーンショットに加筆したりできるようになります。

インスタントメモ機能では、Apple Pencilでディスプレイをタップするだけで、ロック画面からメモアプリケーションを開きすぐにメモを取る事が可能になります。

Apple PencilとSmart Keyboard

img_3908

Smart Keyboardは新たに簡体字中国語、フランス語、ドイツ語、日本語、スペイン語など、30言語のレイアウトが用意されます。

価格は10.5インチiPad Pro用が17,800円、12.9インチiPad Pro用が18,800円。


10.5インチiPad Proは4色展開で、価格は64GBのWi-Fi モデルが69,800円、64GBのWi-Fi + Cellularモデルが84,800円から。
本日より受注開始、今月後半より販売を開始する予定です。




ABOUTこの記事をかいた人

25歳のケータイオタクです。 普段はケータイ屋さんで働いています。 街中で衝動買いした商品のレビューやガジェットに関するニュースなどを配信しています。