AppleがiPhone8/8 PlusとiPhone Xを発表。XではTouch IDが廃止。




img_4800

AppleはiPhone 8/8 Plus、iPhone Xを発表しました。

「iPhone 7 → iPhone 8」の主な変更点

ガラスのデザインに変更

これまでのアルミ素材の背面から、ガラス素材の背面に変更されています。

フレーム部分にはこれまでに引き続きアルミ素材を採用。

カラー展開はスペースグレイ、シルバー、ゴールドの三色展開。

ワイヤレス充電に対応

背面がガラス素材に変更されたことでワイヤレス充電に対応。

ケーブル不要でこれまでよりより簡単に充電が可能に。

True Toneにも対応

iPad Proシリーズに採用されていたTrue Toneに対応。

環境に合わせてディスプレイのホワイトバランスが自動調整されるため、画面が見やすくなりました。

チップセットの変更

A11 Bionicを搭載し、CPU、GPUともにこれまでよりスペックアップ。

iPhone Xの主な特徴

全画面ディスプレイを採用

iPhone X(テン)では上下のベゼルを廃止した有機ELディスプレイを採用。

画面サイズは5.8インチを採用。

センサー部分は画面上部がコの字型に切り抜かれ配置されています。

動画の視聴時はセンサー部分がやや気になりそうな印象です。

Touch IDを廃止

上下のベゼルが無くなったため指紋認証のTouch IDは廃止されており、これまでホームボタンで行なっていた操作はスワイプジェスチャーに置き換えられています。

指紋認証も顔認証の「Face ID」に置き換えられています。

iPhone 8は今月発売

iPhone 8/8 Plusはナンバリングが変わったことでデザインが一新されており、iPhone Xでは流行りの全画面ディスプレイを搭載しかなり興味をそそられる端末となっています。

iPhone 8/8 Plusは2017年9月15日より予約を開始し、同22日に発売予定
iPhone Xは2017年10月27日より予約開始で11月3日より発売予定です。

Apple




ABOUTこの記事をかいた人

25歳のケータイオタクです。 普段はケータイ屋さんで働いています。 街中で衝動買いした商品のレビューやガジェットに関するニュースなどを配信しています。