Mate10 Proがかなり魅力的。カメラもPC Modeも試したい。




先日発表されたHUAWEI Mate10 Pro。

昨日立ち寄った秋葉原にてMate10 ProのPRイベントが開催されていたため、実機を触ってきたのですが購買意欲がかなりくすぐられています。

今回は購入意欲をくすぐられている理由を3つご紹介していきます。

HUAWEIシリーズのカメラがかなり好き

まず最大のポイントがカメラ。

デュアルレンズ搭載 HUAWEI Mate9の撮影サンプル

2017.04.21

Leica監修のカメラはP9シリーズからかなり優秀で、私は以前Mate9を愛用していましたが、かなり綺麗な写真が撮れます。

背景ぼかし機能もかなり精度が高く、物撮りにも最適。

最近は荷物を減らすためにミラーレス一眼は持ち歩かず、DMC-CM10をカバンに忍ばせていますが、Mate10 Proを購入すれば、出先でのちょっとしたブログ用写真撮影ぐらいならこれ一台で賄えそうなので期待しています。

防水防塵に対応

以前愛用していたMate9は防水防塵には非対応で、利用シーンを選ぶためGalaxy S8+に買い換えてしまいましたが、今回からはしっかりと防水防塵に対応。

旅先で小雨の中で写真を撮る際も以前は端末が濡れないように気を遣っていましたが今後は雨を気にせずカメラを使えるのもグッド。

PC Modeが熱い

実はつい最近、Liquid Jade Primoを購入し、自宅に帰ると寝室のTVに接続してContinuum機能でYouTubeやネットサーフィンを楽しんでいます。

有線接続するだけで、大画面でPCサイトと同じ表示で使えるため、PCを立上げる手間もなく便利なのですがWindows 10 mobileではいかんせん使えるアプリが少なくマルチウィンドウにも非対応。

愛用中のGalaxy S8+でもDeX Stationを用いる事で似たような事が出来るのですが、専用のdockが必要なので、HDMI接続だけで『PC Mode』が利用できるMate10 Proはかなり魅力的。

旅先のホテルなどでもPCを持ち込む事なくデスクトップ環境が用意できるためかなりワクワクします。

多分買います、いや絶対買います。

元々Mate9を愛用していた頃から端末に不満はなくカメラにはかなり満足していました。

Galaxy S8+の先進的なデザインと防水防塵が魅力的で買い換えたものの、Mate10 Proはデザインもなかなか好みで防水防塵にも対応。

専用dockなしでもデスクトップモードが利用できるのも個人的にはかなり魅力的なので近いうちに購入すると思います。

購入後はAI機能が追加されたカメラ機能を楽しみつつ実機レビューをお送りしたいと思います。




ABOUTこの記事をかいた人

25歳のケータイオタクです。 普段はケータイ屋さんで働いています。 街中で衝動買いした商品のレビューやガジェットに関するニュースなどを配信しています。