コミュニケーションツールとしてのカメラ 『写ルンです PREMIUM KIT』




小学生の頃、好きだった女の子と旅行に行った際に持って行った「写ルンです」。
デジタルカメラとは違い、現像するまで写真の確認が出来ないので、念のために同じ場所で何度も撮影をしたりしたものです。

最近は高画質のカメラを搭載したスマートフォンが普及し、「写ルンです」を見かけることは無くなりましたが、近所のドン・キホーテにて『写ルンです PREMIUM KIT』が販売されていたので購入して来ました。

「写ルンです」をたっぷり楽しむキット

今回購入して来たのは、「写ルンです」をたっぷり楽しむことが出来る、数量限定のプレミアムキット。

27枚撮りの「写ルンです」2つと、懐かしいデザインに着せ替えが出来るシリコンカバー、ロゴ入りのカラビナストラップが同梱されています。

カラビナが付属しているため、鞄にぶら下げて持ち歩くことができ、見た目のインパクトも抜群です。

フィルムならではの独特の風合いとドキドキ感

デジタル写真にはないあたたかい色味や質感、撮影枚数が限られている緊張感、現像するまでどのように写っているか分からないドキドキ感…

フィルムにはデジタルにはない、アナログならではの楽しみがあります。

久々に使ってみるとこの感覚がたまらず癖になりそう。

コミュニケーションツールとして使えそう

実は少し前からコミュニケーションツールとして「写ルンです」が気になっていました。

オフ会やイベントで出逢った人や、送別会などで会えなくなる人と写真を撮る際、スマートフォンやデジカメで撮影をするとLINEやメールでデータを送ってやり取りが終わってしまいますが、「写ルンです」であれば『撮影した写真を後日現像して手渡ししないといけない』ため、撮影した写真を再び会う口実として使うことが出来ます

廃れつつある「写真を現像する」という作業が新たな出逢いを生んでくれますし、初対面の人の前で「写ルンです」を取り出せばインパクト抜群なのは言うまでもありません。


「写ルンです」自体は今でも販売されていますが、専用のカバーやカラビナがついた『写ルンです PREMIUM KIT』は数量限定のモデルとなっているので、気になっている人はお早めに購入しておくことをお勧めします。